とうほくのこよみのよぶね
3月11日を忘れない。海を見つめる。
海には私たちの記憶がある。だから・・・
これまでの時を想うように、
そして、これからの時を想うように、海を見つめる。

釜石アート支援プログラム「とうほくのこよみのよぶね」は、
活動を開始して8年目を迎えました。
これまで2012年3月から継続的に毎年釜石・大槌で点灯式およびワークショップ
を開催してきました。

「こよみのぶね」は、毎年12月の冬至の日の岐阜市長良川で行われ
竹と和紙で1から12までの数字の行灯を制作し、行灯に灯をともして
川にうかべ、1年のゆく年のことを想い、来る年のことを想う年中行事です。
岐阜県と岐阜市、県民・市民協力のもと、「とうほくのこよみのよぶね」が
企され、実施されています。

ワークショップ

数字の行灯を制作したり、行灯を彩る折り紙かざりをつくります。

●開催日:2019年3月10日(日)

●時 間:13:00 ~ 16:00

●場 所:TETTOギャラリー(釜石市大町1丁目1 釜石市民ホール)

大町北広場(TETTOとPITの間)

●参加費:無料

▷▷持ち物はありません。

 

点灯式

鎮魂の祈りを込めてつくられた「3・11」の数字の形をした行灯に光がともります。
 

●開催日:2019年3月11日(日)

●時 間:16:00~19:00

●場 所:釜石市鵜住居町 根浜海岸

*荒天の場合、中止

▷▷ 防寒対策をしっかりお願いいたします

 

お問い合わせ先

こよみのよぶね実行委員会代表 日比野克彦事務所

株式会社 ヒビノスペシャル

mail:cafe@hibino.to

FAX:03-5826-4463

 

監修:日比野克彦

主催:特定非営利活動法人いわて連携復興センター

東京都 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

共催:釜石まちづくり株式会社

協力:こよみのよぶね実行委員会 宝来館

三陸ひとつなぎ自然学校 一般社団法人チームスマイル

特定非営利活動法人@リアスNPOサポートセンタ

*本事業は、Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)です。